英語の解き方や勉強法、参考書や問題集の紹介(第10回)「疑問詞5w1hを使った疑問文の作り方『疑問副詞』『疑問代名詞』『疑問形容詞』」

みなさんはじめまして。

七隈国英塾の杉久保英司と申します。当ホームページをご覧いただきありがとうございます。

「疑問詞5w1hを使った疑問文がうまく作れない。どうすればいいんですか?」という質問を、中学生や高校生からよくされます。

そこで、今回は(第10回)「疑問詞5w1hを使った疑問文の作り方『疑問副詞』『疑問代名詞』『疑問形容詞』」を解説していきます。

あまり知られていないことですが、疑問詞5w1hには疑問副詞』『疑問代名詞』『疑問形容詞の3つの種類があります。3つの疑問詞の「違い」や「使われ方」が分かっていないから、疑問詞5w1hを使った英作文がうまく作れないのです。

疑問副詞when, where, why, how.
特徴。後ろの文が完成する

疑問代名詞who, whom, which, what, whose.
特徴。後ろの文が完成しない

疑問形容詞whose, what, which.
特徴。後ろの文が完成する。後ろに必ず「名詞」を伴う

勘いい人は気づいたかもしれませんが、関係詞の「関係代名詞」「関係副詞」とほとんど同じです。「文章が完成する」「完成しないの仕組みは、関係詞と全く同じです。

今回の内容を理解すれば、疑問詞5w1hを使った英作文が自在に作れるようになりますので、最後まで読んで頂けると幸いです。

★現代文、古文、英語の勉強法をまとめた記事はこちら★
国語、英語の読み方、解き方、勉強法や参考書、問題集の紹介

前回:英語(第9回)4文型SVOO『授与動詞』『SVOの書き換え(to, for)』『2つの受動態』
次回:英語(第11回)「比較の英作文の作り方『現級=形容詞、副詞』」

1.3つの疑問詞『疑問副詞』『疑問代名詞』『疑問形容詞』の違い

まず種類を覚えよう『疑問副詞』『疑問代名詞』『疑問形容詞』

図1.『疑問副詞』『疑問代名詞』『疑問形容詞』

元の疑問文
Did you play tennis with her?
「あなたは彼女とテニスをしましたか?」
Is this your pen?
「これはあなたのペンですか?」

疑問副詞when, where, why, how.
副詞」を尋ねるので、「後ろの文章が完成する」文頭に疑問詞を置くだけ」で簡単に作れる

When did you play tennis with her?
「あなたはいつ彼女とテニスをしましたか?」
Where did you play tennis with her?
「あなたはどこで彼女とテニスをしましたか?」
Why did you play tennis with her?
「あなたはどうして彼女とテニスをしましたか?」
How did you play tennis with her?
「あなたはどうやって彼女とテニスをしましたか?」


疑問代名詞who, whom, which, what, whose.
名詞」を尋ねるので、後ろの文章が完成しない尋ねている「名詞」を抜かないといけないのでつくるのがちょっと難しい。

Who played tennis with her?
誰が彼女とテニスをしましたか?」(主語=「you」が抜けている)
Whom did you play tennis with?
「あなたは誰とテニスをしましたか?」(前置詞「with」の後ろの「her」が抜けている)
Which did you play with her, tennis or baseball?
「あなたは彼女とどちらをしましたか?テニス?野球?」(目的語「tennis」が抜けている)
What did you play with her?
「あなたは彼女とをしましたか?」(目的語「tennis」が抜けている)
Whose is this?
「これは誰の物ですか?」(補語「your pen」が抜けている)


疑問形容詞whose, what, which.
疑問詞が後ろにある「名詞」を修飾する(=形容詞の限定用法)。疑問詞が後ろの名詞を修飾しているだけなので、後ろの文が完成する。この疑問文をちゃんと作れる人は、「文法に詳しい人」か「英作基本例文をある程度の数、きちんと暗記している人」。作るのがとても難しい。整序問題にも有効なのでこのブログで理解しましょう。

Whose pen is this?
「これは誰のペンですか?」
What sport did you play with her?
「あなたは彼女とどのスポーツをするのですか?」
Which sport did you play with her, tennis or baseball?
「あなたは彼女とどっちのスポーツをするのですか?テニス?野球?」

『疑問副詞』は「副詞」を質問するので、「文章が完成する」

図2.疑問副詞は「副詞」を尋ねる

疑問副詞when, where, why, how.
副詞」を尋ねるので、後ろの文章が完成する文頭に疑問詞を置くだけ」で簡単に作れる。

SVO+前置詞+名詞
You play tennis at six.(When)
「あなたは6時にテニスをする」
You play tennis on the ground.(Where)
「あなたは運動場でテニスをする」
You play tennis for the reason.(Why)
「あなたはこの理由でテニスをする」
You play tennis with this racket.(How)
「あなたはこのラケットでテニスをする」

『疑問副詞』when, where, why, how.が尋ねるのはすべて副詞」。文の成分(S=主語、V=動詞、O=目的語、C=補語)には関わり合いが一切無いので、「後ろの文章が完成する」。

補足「副詞」とは
①名詞以外のものを修飾する(限定する)。(名詞を修飾するのは形容詞)
動詞形容詞副詞文全体を修飾する。
I usually go to school.
This is very beautiful flower.
I can play tennis very well.
I went to school yesterday.
「前置詞」+「名詞」で簡単に作れる。
「前置詞+名詞」=「副詞」で覚えよう。(例外はありますが95%は副詞)
④文末に置かれることが多い。
⑤文頭、文中、文末など割と適当な場所における。
Yesterday, I played tennis.
I often play tennis.
I played tennis yesterday.

問題1「次の和文を英作文にしましょう」(下にヒントがあります)

「あなたはいつ彼女とテニスをしましたか?」
②「あなたはどこで彼女とテニスをしましたか?」
③「あなたはどうして彼女とテニスをしましたか?」
④「あなたはどうやって彼女とテニスをしましたか?」

ヒント
元の疑問文は「Did you play tennis with her?
疑問詞副詞の疑問文は、疑問副詞を文頭に置くだけ。

正解
When did you play tennis with her?
「あなたはいつ彼女とテニスをしましたか?」
Where did you play tennis with her?
「あなたはどこで彼女とテニスをしましたか?」
Why did you play tennis with her?
「あなたはどうして彼女とテニスをしましたか?」
How did you play tennis with her?
「あなたはどうやって彼女とテニスをしましたか?」

『疑問代名詞』は「名詞」を質問するので、「文章が完成しない」(=質問している名詞が抜ける)

図3.疑問代名詞は「名詞」を尋ねる

疑問代名詞who, whom, which, what, whose.
名詞」を尋ねる。図3では主語「You」、目的語「tennis」、前置詞の後ろの名詞「her」などを尋ねる。後ろの文章が完成しない尋ねている「名詞」を抜かないといけないのでつくるのがちょっと難しい。

You play tennis with her.(Who)
You play tennis with her.(What)
You play tennis with her.(Whom)

文の成分(S=主語、O=目的語、C=補語)を尋ねるので、質問している「名詞」を抜いて「後ろの文章が完成しない」文を書く必要がある。

問題1「次の和文を英作文にしましょう」(下にヒントがあります)

①「誰が彼女とテニスをしましたか?」
②「あなたは彼女と何をしましたか?」
③「あなたは誰とテニスをしましたか?」

ヒント
元の疑問文は「Did you play tennis with her?」
①主語Sが抜けているので「Who」を使って主語を抜く。
②目的語Oが抜けているので「What」を使って目的語を抜く。
③前置詞「with」の後の名詞が抜けているので「Whom」を使って名詞を抜く。

正解

Who played tennis with her?
「誰が彼女とテニスをしましたか?」

What did you play with her?
「あなたは彼女と何をしましたか?」

Whom did you play tennis with?
「あなたは誰とテニスをしましたか?」

『疑問形容詞』は「名詞を修飾する」ので「後ろに名詞が来る」。「文章は完成する」

図4.「疑問形容詞」は「名詞を修飾するところ」を尋ねる
図5.「疑問代名詞」は「名詞」を尋ねる

疑問形容詞whose, what, which.
疑問詞が後ろにある「名詞」を修飾する(=形容詞の限定用法)。後ろの文が完成する

疑問代名詞』で書くことのできる疑問文は、『疑問形容詞』で書き換えることができることが多い。

(図4)This is my pen.
「これは私のペンです」
Whose pen is this?
「これは誰のペンですか?」
「Whose」が所有格my」の代わりになっており、名詞「pen」を修飾(限定)している。
疑問詞「Whose」の「後ろの文が完成している」ことに注意しよう。

(図5)This pen is mine.
「このペンは私の物です」
Whose is this pen?
「Whose」が所有代名詞mine」の代わりになっているので、「mine」を抜く。
疑問詞「Whose」の「後ろの文が完成していない」ことに注意しよう。

I my me mine
(主格、所有格、目的格、所有代名詞

補足「形容詞」とは
①「~い」「~しい」で終わる。「赤い」「大きい」「美しい」
②「限定用法」「叙述用法」の2つの大きな役割がある。
③名詞を修飾する「限定用法
④補語Cになる「叙述用法」(じょじゅつようほう)
『疑問形容詞』の形容詞の働きは、「限定用法」のことを指す。(「叙述用法」のことは指さない!)

This is a beautiful flower.(「beautiful」が名詞「flower」を修飾している)
「これは美しい花です」
This flower is beautiful.(「beautiful」が補語Cになっている)
「この花は美しい」

I find the beautiful flower.(SVO)
「私はその美しい花を見つける」
I find the flower beautiful.(SVOC O=C)
「私はその花が美しいと分かった」

問題1「次の和文を2つの英作文にしましょう」(難問)(下にヒントがあります)

「ブラジルでは何語が話されていますか?」(疑問形容詞
「ブラジルで話されている言語はですか?」(疑問代名詞

ヒント
①「language」言語
②「Brazil」ブラジル
③「疑問形容詞」は後ろに名詞が来る。後ろの文章が完成する
④「疑問代名詞」は後ろの文が完成しない
⑤「疑問形容詞」は「language」か「they」を主語にする。
⑥「疑問代名詞」は「What」が主語になる。
⑦どちらも「What」から始める

ちなみにブラジルで話されている言語は、ポルトガル語「Portuguese」
They speak Portuguese in Brazil.
「ポルトガル語がブラジルで話されています」

正解
What language is spoken in Brazil?(SVC)
What language do they speak in Brazil?(SVO)
「ブラジルでは何語が話されていますか?」(疑問形容詞

①上。分詞「spken」が補語Cになっている。受動態はSVCの第2文型。
①下。主語は「they」、動詞は「speak」、目的語が「language」。SVOの第3文型
上下ともに疑問形容詞「What」が名詞「language」を修飾しているだけなので、疑問詞の後ろの文が完成する。


What is the language spoken in Brazil?(SVC)
「ブラジルで話されている言語は何ですか?」(疑問代名詞

分詞「spoken in Brazil」が、名詞「language」を修飾している。
疑問代名詞「What」が主語Sになっている。疑問詞の後ろの文が完成していない

補足「分詞とは」
「動詞」を「形容詞」にしたものが「分詞」。(ちなみに動詞を名詞にしたものは「動名詞」)
要するに「分詞」=「形容詞」(分詞構文は例外で「副詞節から副詞句を作る」)
・現在分詞「~ing」は能動「~する」
・過去分詞「~ed」は受動「~される」

「分詞」=「形容詞」にも2つの大きな働きがある

①「名詞」を修飾する(限定用法
1文字の分詞はから名詞を修飾
The crying baby is cute. (SVC)(S=C)
寝ている赤ちゃんはかわいい」

2文字以上の分詞はから名詞を修飾
The baby crying on the bed is cute. (SVC)(S=C)
ベットで寝ている赤ちゃんはかわいい」

②「C補語」になる(叙述用法(じょじゅつ)
He made the baby crying. (SVOC)(OC→SV)
「彼はその赤ちゃんを泣くようにさせた(泣かせた)」
He made the baby bored. (SVOC)(O=C)
「彼はその赤ちゃんを退屈させられるようにさせた(退屈させた)」

「bore」「~を退屈にさせる」(「退屈する」ではない!)
「赤ちゃんが誰かを退屈にさせる」のではなく、「赤ちゃんは退屈させられる」ので、受動過去分詞「bored」を使う。

この章をまとめ
・疑問詞5w1hには疑問副詞』『疑問代名詞』『疑問形容詞の3つの種類がある

疑問副詞』when, where, why, how.
副詞」を尋ねるので、後ろの文章が完成する文頭に疑問詞を置くだけ」で簡単に作れる。

疑問代名詞』who, whom, which, what, whose.
名詞」を尋ねるので、後ろの文章が完成しない尋ねている「名詞」を抜かないといけないのでつくるのがちょっと難しい。

疑問形容詞』whose, what, which.
疑問詞が後ろにある「名詞」を修飾する(=形容詞の限定用法)。疑問詞が後ろの名詞を修飾しているだけなので、後ろの文が完成する

★現代文、古文、英語の勉強法をまとめた記事はこちら★
国語、英語の読み方、解き方、勉強法や参考書、問題集の紹介

前回:英語(第9回)4文型SVOO『授与動詞』『SVOの書き換え(to, for)』『2つの受動態』
次回:英語(第11回)「比較の英作文の作り方『現級=形容詞、副詞』」

以上で、第10回「疑問詞5w1hを使った疑問文の作り方『疑問副詞』『疑問代名詞』『疑問形容詞』」は終わりです。

ご精読ありがとうございました。

今回取り扱った疑問副詞』『疑問代名詞』『疑問形容詞は知っておくと、疑問文の「英作文」を自在に作れるだけでなく、「整序問題」や「空欄補充問題」で、「早く」「正確」に問題を解くことができるようになります。

様々な形で頻出する重要な単元です。ここを押さえるだけで「5~10点」は点数が上がりますので、分からなかったら復習したり、忘れたらもう一度この記事を読んでください。

次回は第11回「比較の英作文の作り方『現級=形容詞、副詞』」にする予定ですので、よろしければ、次回も読んでいただけるとありがたいです。

お問い合わせフォームはこちら
七隈国英塾のトップページはこちら