古文の解き方や勉強法、参考書や問題集の紹介(第5回)「識別①『ぬ・ね』『る・れ』『なり』」

皆さんこんにちは。七隈国英塾の杉久保です。

今回は(第5回)「識別①『つ・ぬ』『る・れ』『なり』」を解説していきます。

識別は「ぬ・ね」「る・れ」「なり」「なむ」「に」の5種があり、直接得点に結びつく単元です。今回は簡単な「ぬ・ね」「る・れ」「なり」をやっていきます。

それでは、七隈国英塾の作法にのっとり今回の要点を3行でまとめます。

①「ぬ・ね」は2択。打消し「ず」と完了「ぬ」
②「る・れ」は2択。完了「り」
受可自尊「る」
③「なり」は2択。伝聞推定「なり」と断定「なり」、その他3つ。

★現代文、古文、英語の勉強法をまとめた記事はこちら★
国語、英語の読み方、解き方、勉強法や参考書、問題集の紹介

前回:古文(第4回)「敬語『給ふ』『参る』『奉る』」
次回:古文(第6回)「識別②『なむ』」

1.「ぬ・ね」は2択。打消し「ず」と完了「ぬ」

図1.「ぬ・ね」「る。れ」「なり」の識別

未然形接続なら打消し「ず」、連用形接続なら完了「ぬ」

まず、高1から習うの基本から。

未然形+「ぬ・ね」は打消しの助動詞「ず」
連用形+「ぬ・ね」は完了の助動詞「ぬ」

問題「打消しか完了かを明らかにして訳しましょう」

①風立ちぬ。
②風立たぬ時。

解答
①風が立っ
②風が立たない

解説
「立ち」が連用形なので、完了の助動詞「ぬ」
「立た」が未然形なので、打消しの助動詞「ず」

立つ 四段活用
未然(ず)立た
連用(て)立ち
終止(。)立つ
連体(時)立つ
已然(ど)立て
命令立て
四段動詞「立つ」の活用

未然形と連用形が同じ形なら「ず」「ぬ」の活用を見る

未然形連用形が同じ形だと接続で判断できません。

問題「打消しか完了かを明らかにして訳しましょう」

風流れぬ。

流る 下二段
未然(ず)流れ
連用(て)流れ
終止(。)流る
連体(時)流るる
已然(ど)流るれ
命令流れよ
下二段動詞「流る」の活用

未然・連用が同じ時は打消し「ず」完了「ぬ」自体の活用をみます。

打消し「ず」
(特殊型)
完了「ぬ」
(ナ変型)
未然(ず)
ざら
連用(て)
ざり
終止(。)
連体(時)
ざる
ぬる
已然(ど)
ざれ
ぬれ
命令ざれ
打消し「ず」完了「ぬ」の活用

問題「上の表を見ながら、打消しか完了かを明らかにしよう」

風流れぬ。

正解
風が流れた。

解説
「ぬ」の後ろに句点「。」がついているので、「ぬ」自体は終止形
終止形が「ぬなのは、完了「ぬ」(分からない人は上の表を確認)。

要するに、助動詞の活用を知らないとこの問題は解けないのです。

助動詞の接続、活用、意味は必ず覚えましょう。

掛け算九九みたいなもので、これができないと何もできません。

★助動詞をまとめた記事はこちら★
第8回「助動詞①接続を覚えよう」(まだ)
第9回「助動詞②推量系助動詞」(まだ)
第10回「助動詞③過去完了系助動詞」(まだ)

練習問題で「ぬ」「ね」の識別をしてみよう

問題「打消しか完了かを明らかにして訳しましょう」

①師匠走りぬ。
②師匠逃げぬ。
③師匠逃げぬ時。
④師匠や逃げぬ。
⑤師匠逃げねば、(難問)

解答
①師匠が走った。(完了)
②師匠は逃げた。(完了)
③師匠が逃げない時。(打消し)
④師匠は逃げないだろうか(いや逃げる)(打消し)
⑤師匠が逃げないので(打消し)

解説
①「走り」が連用形。連用形接続完了の「ぬ」
②句点「。」の前なので「ぬ」は終止形完了の「ぬ」
③体言「時」の前なので「ぬ」は連体形。打消しの「ず」
係助詞「や」は連体形で結ぶので「ぬ」は連体形。打消しの「ず」

⑤は難問。接続助詞「ば」は、「未然形+ば」で順接仮定条件。「已然形+ば」で順接確定条件「ね」已然形命令形のどちらか。今回は已然形しかないので、「ね」自体は已然形よって、「ね」は打消し「ず」(分からない人は打消し「ず」完了「ぬ」の活用を見ましょう)

④の係助詞「や」や⑤の接続助詞「ば」のように他の文法と絡めてくることが多いです。1つ1つ整理して覚えましょう。

★接続助詞をまとめた記事はこちら★
古文(第3回)「接続助詞『ば』『を』『に』」

この章をまとめ
未然形+「ぬ・ね」は打消しの助動詞「ず」
連用形+「ぬ・ね」は完了の助動詞「ぬ」
未然・連用が同じ時は打消し「ず」完了「ぬ」自体の活用をみよう
助動詞の活用を知らないと「ぬ」「ね」の識別はできない。
助動詞の接続、活用、意味は必ず覚えよう
「ぬ」「ね」の識別は、助詞などの他の文法と絡めてくることが多い

2.「る・れ」は2択。完了「り」と受可自尊「る」

上が「e段」なら完了「り」、それ以外は受可自尊「る」

「る」「れ」の識別は2択です。

上が「e段」なら、完了の助動詞「り」(100%例外無し)
上が「e段以外」なら、受け身、尊敬、自発、可能の助動詞「る」

完了の助動詞「り」の接続はかなり特殊で、サ変の未然形と四段の已然形(さみしい)です。要点は「e段」=「え段(え、け、せ、~)」につくということです。

サ変「す」四段「走る」
未然(ず)せ(e段)走ら
連用(て)走り
終止(。)走る
連体(時)する走る
已然(ど)すれ走れ(e段)
命令せよ走れ
サ変の未然と四段の已然(さみしい)

問題例文「る」と同じものを①~②から選びましょう」

例文「本を読み給へとき」

①師匠走ら
④師匠走れ時、

解答
①「師匠走れるとき」「る」(完了)

解説
例文「本を読み給へとき」(e段)
①師匠走ら
④師匠走れ時、(e段)

例文の「給へ」が「e段」。よって「る」は完了の「り」
「走ら」が「e段以外」師匠は偉いので尊敬の「る」
「走れ」が「e段」。よって「る」は完了の「り」

要点は、「e段」「e段以外か」で、完了「り」かそうでないかを見分けましょう。例文には「e段」があるので、「完了」と即断します。あとは①~④の傍線部の前の「e段」を探すだけでいいのです。解き方を知っていれば、本文を読まずに2秒でできるのです。

受可自尊「る」は文脈判断

受け身、自発、尊敬、可能の「る」「らる」文脈判断です。

問題「受可自尊のどれでしょう」
①小さい魚が大きい魚に食べらる
②賞味期限が過ぎた牛乳は飲めかな?
③先生が職員室におられる時。
④夕陽を見ると涙が流

受け身の「らる」
可能の「る」
尊敬「る」
自発「る」

受可自尊の「る」「らる」は現在でも同じように使います。可能は後ろに打消しが来ることが多い事、尊敬は偉い人がいるときに使われることが多い事、に注意して文脈判断しましょう。

ちなみに「る」と「らる」の接続の違いについては、

「る」「す」の接続(直前の形)は、四段、ナ変、ラ変の未然形。
「らる」「さす」の接続は、四段、ナ変、ラ変以外の未然形。

一見難しそうですが、この接続の意味するものはとても簡単です。

四段、ナ変、ラ変動詞や(この活用の助動詞)の未然形は「a段」ですが、それ以外の動詞、形容詞、形容動詞、助動詞の未然形「a段」ではありません。

上が「a段」ならば、そのまま「る」「す」を置く。
上が「a段以外ならば、自分で「a段」を補って、「らる」「さす」になるだけです。

練習問題で「る」「れ」の識別をしてみよう

問題「る」と同じものを①~④から選びましょう」

例文「御文を書き給へとき」

①つゆまどろまず。
②古都のみぞ、思はるる
③かの大納言(藤原公任)、いずれの船にか乗らべき。
④師匠走れ時、

解答
④師匠走れる時、

解説
「御文を書き給へとき」(e段)
①つゆまどろまず。
②古都のみぞ、思はるる
③かの大納言(藤原公任)、いずれの船にか乗らべき。
④師匠走れ時、(e段)

例文の「給へ」が「e段」。よって「る」は完了の「り」
「まどま」が「e段以外」後ろに打消しがついてるので可能「る」
「思は」が「e段以外」自発の「る」(文脈によっては尊敬)
「乗ら」が「e段以外」偉い人がいるので尊敬「る」
「走れ」が「e段」。よって「る」は完了の「り」

「る」「れ」の識別は、
「e段」「e段以外」かを見て、完了「り」を判断しましょう。
打消しがあれば可能「る」偉い人がいれば尊敬「る」を確認しましょう。
③最後に「受け身」「自発」を判断していきましょう。

この章をまとめ
上が「e段」なら、完了の助動詞「り」(100%例外無し)
上が「e段以外」なら、受け身、尊敬、自発、可能の助動詞「る」
後ろに打消しがあれば可能「る」
偉い人がいれば尊敬「る」
最後に「受け身」「自発」を判断しよう。

3.「なり」は2択。伝聞推定「なり」と断定「なり」、その他3つ。

終止形・ラ変の連体形接続なら伝聞推定「なり」、体言・連体形なら断定「なり」

「なり」の識別は2択

終止形とラ変の連体形接続なら、伝聞推定の助動詞「なり」(~という噂の)
体言と連体形接続なら、断定の助動詞「なり」(~である)

問題「2つの『なり』を識別して訳しましょう」

男もすなる日記といふものを、女の私もしてみんとてするなり

正解
男もすなる伝聞推定の「なり
するなり断定の「なり

解説
男もなる日記といふものを、女の私もしてみんとてするなり

「す」はサ変動詞「す」の終止形。伝聞推定の助動詞「なり」
「する」はサ変動詞「す」の連体形断定の助動詞「なり」

終止形とラ変の連体形接続についての補足をします。

終止形とラ変の連体形接続は、要するにu段ということです。

活用する語(動詞、形容詞、形容動詞、助動詞)の中で、終止形が「u段」でないのはラ変と形容詞のみです。ラ変だけが終止形が「i段」です。「ら、り、、れ、れ」

終止形(u段)とラ変の連体形接続(u段)とは「u段」につくということなのです。

接続が分からない「なり」は文脈判断

上が四段ラ変の連体形の場合は文脈判断となります。

四段 読む
未然(ず)読ま
連用(て)読み
終止(。)読む
連体(時)読む
已然(ど)読め
命令読め
四段動詞「読む」の活用

例文

①本を読むなり
②極楽浄土は西方にあるなり

解説
①「読む」が四段動詞なので、終止形か連体形か識別不可能
②「ある」がラ変動詞の連体形なので、識別不可能

終止形とラ変の連体形接続なら、伝聞推定の助動詞「なり」
体言と連体形接続なら、断定の助動詞「なり」

「なり」の識別は文脈判断になることが非常に多いです。難関大学で出題される傾向があります。

3つの例外。①「~にあり」の短縮形の「なり」、②動詞の「なる」、③ナリ活用形容動詞の活用語尾

「なり」の識別には3つの例外があります。

「~にあり」→「にゃり?」→「なり」と変化したもの
②四段動詞「成る」、下二段動詞「慣る」、四段動詞「亡くなる」の活用語尾など
ナリ活用形容動詞の活用語尾

問題「『なり』を識別して訳しましょう」

①春日なる山に登りたり。
②法師にならんがため、読経をしたりけり。
③この部屋は静かなり
④大納言の娘、なくなりなり(難問)

解答
①春日にある山に登った。
②法師に成る(ようにする)ため、読経をした。
③この部屋は静かである
④大納言の娘が、亡くなったという噂だ

解説
「~にある」の意味。体言に接続しているからという理由で、断定の助動詞「なり」(~である)で訳すと意味が通じない
自立語で使われているので動詞「成る」。「に」は格助詞「に」
形容動詞「静かなり」の活用語尾。

④は難問。四段動詞「亡くなる」の活用語尾は簡単。「なくなり」は連用形なので、「ぬ」は完了「ぬ」の終止形よって、終止形接続の「なり」は伝聞推定の「なり」

④は「ぬ・ね」の識別「なり」の識別の2つを理解してないと正解できません。識別の重要性が分かったでしょうか?

この章のまとめ
終止形とラ変の連体形接続なら、伝聞推定の助動詞「なり」
体言と連体形接続なら、断定の助動詞「なり」
「なり」の識別は文脈判断になることが非常に多い
例外1、「~にあり」→「なり」と変化したもの
・例外2、四段動詞「成る」、下二段動詞「慣る」、四段動詞「亡くなる」の活用語尾
・例外3、ナリ活用形容動詞の活用語尾

★現代文、古文、英語の勉強法をまとめた記事はこちら★
国語、英語の読み方、解き方、勉強法や参考書、問題集の紹介

前回:古文(第4回)「敬語『給ふ』『参る』『奉る』」
次回:古文(第6回)「識別②『なむ』」

以上で、第5回「識別①『つ・ぬ』『る・れ』『なり』」は終わりです。

ご精読ありがとうございました。

今回取り扱った識別は、直接得点につながる重要な単元です。まずは識別の種類を覚えて、練習を繰り返していくといいと思います。

次回は第6回「識別②『なむ』」にする予定ですので、よろしければ、次回も読んでいただけるとありがたいです。

お問い合わせフォームはこちら
七隈国英塾のトップページはこちら